知っておきたい!不妊対策サプリマカ摂取量の目安ってどれくらい?

知っておきたい!不妊対策サプリマカ摂取量の目安ってどれくらい?

知っておきたい!不妊対策サプリマカ摂取量の目安ってどれくらい?

 

 

妊活マカサプリのマカナ(makana)は株式会社ニューアクションから販売され、不妊で悩む方にとって救世主、いくら妊娠しやすい身体作りをサポートしてくれるといっても摂取量の目安を適切に守り過剰摂取はNG。

 

 

マカナは妊活女性だけでなく、その夫も一緒に飲むことができるマカサプリで、不妊の原因となる精子の数が少ない男性や運動率が低い男性にもおすすめです。

 

 

最近は男性不妊が原因で不妊治療をしている夫婦も多く、ぜひ妊活サプリのマカナを飲んで妊娠力アップを目指しましょう。

 

 

 

 

マカナについて、下記の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

不妊カップル必見!妊活マカサプリのおすすめ決定版

 

 

 

 

マカナの強みはオールインワンサプリメントということで、50種類以上の栄養素が豊富に含まれていますので、妊娠しやすい身体作りとともに基礎的な健康をサポートしてくれます。

 

 

滋養強壮や疲労回復など昔から言われているマカの効能ももちろん充実していますので、活力ある生活を送りたい方はぜひマカナをお試ししてください。

 

 

マカは生殖機能の向上と、ホルモンバランスを整える働きがあるますので、過剰摂取してしまうとホルモンバランスの乱れにつながる恐れがあり、女性では生理不順や排卵周期の乱れが起こる可能性も。

 

 

1日4粒を目安にと摂取量が定められていますので、飲む際は用法用量を適切に守ることが大切です。

 

 

妊活中、不妊治療で通院している方はお薬と併用しても良いかどうか確認し、かかりつけの先生からOKを貰って飲むことをおすすめします。

 

 

毎日飲むものだから誰でも安全性が気になりますよね。

 

 

特にサプリメントに含まれる添加物は、飲み続けていいのかどうか、もし妊娠していた場合お腹の赤ちゃんに影響がないのかどうかが気になります。

 

 

マカナの公式サイトによると、香料・着色料・保存料といった添加物は使われていないことが明記され、安心のマカサプリメントです。

 

 

 

知っておきたい!不妊対策サプリマカ摂取量の目安ってどれくらい?

 

 

 

使用されている添加物はこちら。

 

 

セルロース(野菜に含まれ医薬品にも使用される食物繊維)

 

 

ステアリン酸Ca(厚生労働大臣許可の食品添加物、医薬品にも使用されています)

 

 

酸化ケイ素(サプリメントの湿気防止、身体に吸収されず排出されるため危険性は低い)

 

 

ピロリン酸鉄(厚生労働省の指定添加物に分類され、安全性が高く鉄分の栄養強化剤、粉ミルクやベビーフードにも使用されている)

 

 

パントテン酸Ca(ビタミンの一種なので安全性は高い)

 

 

セラック(天然添加物で錠剤をコーティングする役割をもつ)

 

 

クルコンサン銅(厚生労働大臣の認可済みで、栄養機能食品として使用)

 

 

ビオチン(ビタミンBの一種、水溶性で尿に排泄されます)

 

 

これらは添加物とされていますが、マカナを作る上で必須の添加物となり、安全性が高く身体への影響はなりません。

 

 

マカナは管理栄養士によって配合され、産婦人科医からも推奨されていますので、決められた用量用法を守れば、副作用といった心配も問題ないでしょう。

 

 

また、マカナは含まれている成分それぞれの含有量は公表されていませんが、鉄分や亜鉛など過剰摂取になる可能性のある成分含有量については公式サイトに掲載されていますので、他のサプリメントや食品の過剰摂取に気を付けることができますね。

 

 

マカナのおすすめポイントはオールインワンサプリメントと初めにかきましたが、中でも葉酸が厚生労働省から推奨されている量が配合されていますので、マカナひとつで妊活を進めることができます。

 

 

たくさんのサプリメントを買って飲むのはお金も時間もかかって手間です。

 

 

マカナでそれを省き、余ったお金でアロマなど妊活グッズ購入や半身浴の時間に回しましょう。

 

 

 

知っておきたい!不妊対策サプリマカ摂取量の目安ってどれくらい?

 

 

 

妊活は夫婦2人で進めていくことでお互いの気持ちを思いやり、妊活への足並みが揃います。どうしても女性だけ、男性だけで妊活をしているとテンションも下がり、思いやりの気持ちが少なくなり喧嘩になってしまうことも少なくありません。

 

 

マカナは夫婦2人で飲めるコースが用意されていますので、ぜひこちらを活用してください。